本文へスキップ

千葉県南房総の不動産情報 住宅・別荘・土地のご相談は(有)三洋商事不動産へ

電話でのお問い合わせは0470-55-1124

〒299-1902 千葉県安房郡鋸南町保田248




鋸南町保田の歴史と文化社company




菱川師宣
浮世絵の祖.菱川師宣
菱川師宣
菱川師宣の作品紹介
夏目漱石
夏目漱石の保田での思い出
保田の神社
保田の神社とお寺
源頼朝
源頼朝の伝説
鋸 山
鋸山 日本寺の歴史と文化
歌川広重
歌川広重と保田海岸
三名工
安房の三名工
小林一茶
小林一茶の訪れた地
西条八十
西条八十と(かなりや)
石原純
石原純と原阿佐諸
日我上
日我上と里實義
水仙ロード
鋸南町の水仙ロード
明鐘海岸
明鐘海岸
名所
名所スボット











鋸山の南から安房の国です。その玄関口に位置する保田(千葉県鋸南町)は、古くから歴史と文化に彩られてきた
風光明媚な土地です。古くは穂田郷と呼ばれ、実り豊かな土地だったと考えられます。                
 奈良時代に開かれたとされる日本寺のある鋸山は、山全体が信仰の対象であり、特に江戸時代から多くの     
  参拝者が訪れ、 千五百羅漢など石仏の宝庫として江戸に知られていました。江戸時代には、             
          絵清恵創始者・菱川師宣が誕生した地で、また安房の三名工の一人に数えられる石彫の達人、武田石翁が活躍しました。江戸の町が大消費都市として形成されると、保田は内房沿岸でとれた魚介類を江戸へ運ぶための           
         集積地としての港として栄ました。押送船とよばれたその船で貨物のほか、人を運んだり、江戸の文化も流れてきたのです。
     俳人の小林一茶もたびたび訪れています。また浮世絵師歌川広重も房総旅行の際、この保田海岸から          
見た富士を「富士三十六景 房州保田海岸」などの浮世絵版画に残しています。                   
  明治から大正時代になると、避暑地として人気が高まり、東京から多くの人たちが訪れるようになりました      
。夏目漱石、西条八十をはじめ多くの文人たちも保田にやってきています                       





  保田は、周囲を海と山に囲まれた温暖な海洋性気候で風光明媚な海岸線は、避暑地であり別荘地として栄てきました。鶴ヶ崎(鶴)と
亀ヶ崎(亀)の間にある町で、鶴と亀はセットで昔から長寿の象徴になっています。
  又その恵方が吉の吉浜といわれています。今吉浜神社はバワースポットとしてにわかに注目されています。


保田は江戸(東京)に近く景勝地としておおくの文人墨客が紀行として訪れています。特に鋸山日本寺には俳人が沢山の詩歌を残してます
  汽船。鉄道が開通した明治。大正。昭和の40年代にかけては、海水浴、避暑として訪れる方が多く、夏目漱石を始め文豪や
文学者が文学的資質を作る転機となった場所と言われています。

                夏目漱石が「奸雄のようだ」と言わしめた保田の海・鋸山
             (奸雄=優れた策略、悪知恵をもって英雄や天下を取った人)
石原純は大正時代に物理学教授の栄職をなげうって、原阿佐緒と保田に、「靉日荘」を建設、多くの文人が居をかまえ、金森南耕画伯と
共に保田の良さをあまねく天下に紹介したといわれます。


沿革

*年*月
○○○○○○○




ナビゲーション



(有)三洋商事不動産
保田駅前店
〒299-1902
 千葉県安房郡鋸南町保田248
TEL.0470−55−1124
FAX0470−55−3548

     

不動産情報館  
    〒299-1901
千葉県安房郡鋸南町元名135
TEL 0470-55-3140
FAX 0470-55-3140

TOP鋸南町勝山の歴史と文化 - 三洋商事不動産